葬式を家族葬で執り行うことによるメリット

すぐに葬式をあげたい

仕事が忙しいなどの理由で急ぎで葬式をあげる必要があるケースも少なくありません。このような緊急を要する場合は家族葬がオススメです。家族葬の基本的な流れについてピックアップしましたので参考にしてください。

家族葬のフロー

葬式の準備

葬式をつつがなく進めるために葬儀社と打ち合わせをします。トラブルを発生させないためにも入念な打ち合わせをしましょう。また家族葬を行う旨と、遺族や親族以外の参列をお断りする旨を、訃報に明記する必要がありますので忘れずにやりましょう。

通夜

故人と過ごすことのできる最後の夜です。ゆっくりと故人を偲ぶことができます。偲び方はそれぞれだと思いますので、後悔のないようにどのように過ごすか前もって決めておくとよいでしょう。

告別式

故人と最後のお別れをするための儀式です。故人が生前大切に使っていたものを棺に入れるとよいでしょう。また過去には故人に向けた感謝の手紙を入れるケースもあります。告別式が終わりましたら火葬場で火葬をします。

お世話になった方への報告

家族葬へお呼びしなかった方へ家族葬が終わった旨の報告をしましょう。報告をするための方法としてはハガキを送ることが一般的です。ハガキを送るタイミングは決まっていないため、ご遺族が都合のよいタイミングで送ることができます。

葬式を家族葬で執り行うことによるメリット

線香

費用を安くすることができる

大切な人が突然お亡くなりになって急遽葬式を執り行うことになるというケースも珍しくはありません。一般的な葬式の費用は高くなりがちなので、費用分のお金をすぐに用意することは難しいです。家族葬であれば参列者をご遺族や親族など少人数に限定できますので、飲食接待費や香典返しなどの費用を削減することができますので、結果的にトータルの葬儀費用がリーズナブルになります。

最後の時間をゆっくりと過ごせる

一般的な葬式ですと会葬者への対応に時間をとられますので、故人のことを思って悲しむひまがあまりありません。家族葬だと参列者が少人数のため、参列者への対応を短くすることができます。その空いた時間を故人と一緒に過ごす時間に充てることができるのです。

負担が減る

先述の通り通常の葬式ですと会葬者への対応に追われますので精神的な負担がかなり大きいです。家族葬の場合は会葬者を限定しているため、精神的な負担を軽減することができます。また身内だけなので余計な気を使う必要もありません。

家族葬をした方の感想

対応に満足しております

生前、主人が小じんまりとした葬式にしてほしいと希望から家族葬をしました。不慣れでしたがスタッフの方が何度もアドバイスをしてくださり、お陰様で参列者から「良い葬式だった」とお褒めの言葉をいただきました。

寂しさが感じない葬式でした

闘病中の祖父が突然亡くなり、急いで葬式しないといけなくなったので家族葬にしました。参列者が知り合いばかりだったため、祖父との思い出話に花を咲かすことができました。

親身に対応してくれて感動しました

妻の葬式をしようと門真市の葬儀社に依頼しました。妻が生前好きだった花がたくさんある祭壇にしてくれて感謝しています。妻も喜んでくれたことでしょう。

広告募集中